プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは!店長の福地です。クアーレもオープンして9年目に突入しています。!様々なキャラクターがスタッフにはいるので、どんな事でも必ず返信いたします。気軽に口コミお願いします!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年2月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

9年間の汚れ

<9年分のテントの汚れを落とした>

 見落としていた訳はないが、やろうやろうと思いつつ、完全に忘れ

ていた・・。たまたま隣の美容室のテントを掃除している業者さんに

声をかけられ、「きれいになりますよ!」と汗だくになりながらの

一生懸命さ(これに弱い)に2つ返事でお願いした。

 翌朝すぐにクリーニングしてくれ、1時間半のところを3時間もかけ

きれいにしてくれた。

 おそらく1人で経営されている感じで、とても良心的でした。

 お店の外観、大丈夫ですか?汚れていたらこちらへ↓


  『ベストホーム』 テント・看板・外壁・タイルの
           低コストクリーニング
           tel:090(9143)6409
           
before                        after

 

 

2008年7月29日 (火)

スコール

<昨日のお昼の豪雨は凄まじかった>


 12時過ぎ、突然の雷、そして台風のような嵐。ランチタイムを直撃し

た。今までのよりも更に確実にパワーUPしている。

 これまた地球温暖化の影響らしい。気温の上昇で熱帯地方の気候みたいに

なってきている。

 確かに最近の雨は、にわか雨とというより、激しい雨が短時間に降ってい

る気がする。

またまた地球温暖化の話題で申し訳ないが・・

 地球温暖化関連で検索すると、かなり絶望的な記事が殆どだ。

前にNHK特集(北極関係)をみた時は、正直怖くなった。

 人間の欲望は、歯止めが効かない。これは間違いない。

しかし、開き直りはだめだ。小さい事でも出来る事から始めよう。

スタッフとも話したが、いろいろなおもしろいアイディアがある。

 楽しみながら、やる事が大切だと思った。

少しだが明るい希望が出てきた。

 

 

2008年7月28日 (月)

フードマイレージ

<フードマイレージをご存知だろうか>


 フードマイレージ。ポイントが貯まるわけではない。

「食料の (=food) 輸送距離 (=mileage)」という意味。

食品の生産地と消費地が近ければフードマイレージは小さくなり、遠くから

食料を運んでくると大きくなる。地球環境問題である。

国名 ・・・・・・・・ 総量・・・・・・・・国民一人当たり

日本・・・・・・・・・・9002億800万   7093
韓国・・・・・・・・・・3171億6900万   6637
アメリカ合衆国・・2958億2100万   1051
イギリス・・・・・・・1879億8600万   3195
ドイツ・・・・・・・・・1717億5100万   2090
フランス・・・・・・・1044億700万    1738

※単位:トン×キロメートル 『ウィキペディア(Wikipedia)』抜粋

 これを見てびっくりしたが、よく考えてみれば納得である。

 まず自分のお店。イタリア料理。当然イタリアの食材が中心。

野菜は別だが、主力のスパゲティ、チーズ、オリーブオイル。数えたら

きりが無いが、すべて空輸+陸送。数値が高いのは当たり前である。

 昔はイタリア料理といっても、スパゲティが殆どで、今みたいな食料は

皆無だったろう。

 しかし現在の輸送システムの向上のおかげで、現地さながらのイタリア料

理が日本にいても食べれる。私自身もそのおかげで仕事が出来る。

 その反面、地球環境に負担をかけている。

地産地消・スローフード、イタリアが発祥の地。そのイタリア料理を

日本で行っている為に負担をかけている。おかしな話である。

 これからはイタリア料理、根本の考え方を輸入しなければいけないだろ

う。 
 
 地球環境については、他にもさまざまな問題がある。

まだまだ勉強不足な為、いろいろな提案をお聞きしたい。


 

2008年7月26日 (土)

桃のグラニタ

<桃を売りに来る女の子がいる>


 昼の暑い日差しの中、桃を1ケース抱え一人女の子が売り歩いている。

 マッチ売りの少女ほどの悲壮感はないが、汗だくになっても笑顔で

売り歩く姿に買わずにはいられなかった。

 ちょうどグラニタを仕込むところだったので、桃で作ってみた。

桃をコンポート。半分はミキサーで回し、シロップと合わせ冷凍庫へ。

 もう半分は角切りに。

グラスにバニラアイス、桃、グラニタ、桃の順で盛り込んだ。

 なかなかいい出来だ。

一生懸命売っていた女の子の愛情の入った桃だからだろうか。

2008年7月25日 (金)

土用の丑の日

<皆さんうなぎは食べましたか>


 土用の丑の日とは・・。ちょっと調べてみたが、なかなか理解しがたい。

一般には土用の丑の日といえば夏を指すが、土用は春、夏、秋、冬の年4回あ

ることになる。しかし今年の夏の土用の丑の日は、7月24日と8月5日の

2回あるという。

 知らなかった。普段鰻はあまり食べない。というか殆ど食べない。

イタリアンでも使ったことがない。アナゴはあるが。
 
 この日は、たまたま近所の魚屋さんで、蒲焼してある鰻を買った。

今年は偽造問題などで、中国産はイメージが悪く、人気がないらしい。

 しかし国産うなぎの定義も複雑で、外国で生まれても日本にいる時間が

1日でも多ければ国産と明示してもいいとか・・。

 あえて中国産を買ってみた。

よしこれで昼の賄いを作ってくれ!と若い衆にお願いした。

 もちろんパスタで。

ぺペロンチーノの上にデカイ鰻が横たわっていた。

 もちろん旨かったぞ・・。


Oxy Bar

<オキシーバーに行かれた事はあるだろうか>


 いわゆる酸素バー。鼻から直接管を入れ、高濃度の酸素を吸引する。

 「酸素バー」だけに今風におしゃれな店作り。カウンターがあり、

奥の部屋には、リクライニングシートもあり、ゆったり酸素を吸える。

 まだ2度目だが、果たして効いているのか。

一応血液中の酸素濃度を測ってくれる。98%・・。

 後で気づいたが、この数字はいいのか。その場では一応驚いていたが、

ほぼ100%。たぶんいいのだろう。

 終わった時の感想は、別に何ら代わりは無い。しかしその日は頭痛に

悩まされていた。普段なら頭痛薬は欠かせないが、1時間もするとスーっと

引いていった。 酸素のおかげか・・。

 このビジネスは以外に歴史は古く30年以上前からある。

疲労や集中力の回復、眠気の除去がうたわれているが、科学的根拠はないら

しい。
 
 しかし気分転換にはなるかな。 興味のある方は一度お試しを。

 

2008年7月22日 (火)

macinato funghi マチナートフンギ

<マッシュルームの風味抜群のソースがある>


 マッシュルームをみじん切りにし、オリーブオイル・にんにく・唐辛子

を鍋に入れ煮詰めたもの。見た目は、マッシュルームとは思えないが、

クリームに入れ、パスタに絡めれば、口の中いっぱいにきのこの風味が

広がる。ビアンコ・トマトでもよく合う。

 パスタ以外でも、焼いたチキンや白身魚に塗ってもいい。

 1回の仕込みで1k程使うが、出来あがりは、かなりコンパクト。

ご家庭でも作り置きしておけば、パスタを茹で絡めるだけでOK。

 ぜひお試しを

2008年7月21日 (月)

にんにく

<にんにくを料理によって使い分けている>

 みじん切り・潰し2種・サイコロ切り・スライス。

イタリア料理ににんにくは当たり前だが、欠かせない。

 ぺペロンチーノには、サイコロ切り。

 ペンネアラビアータには、にんにくの潰し。

 ボンゴレビアンコには、みじん切り。

当然ながらそれぞれ理由はある。にんにくをそのまま味わって欲しい時や

柔かく風味だけを効かせたい時、ガツンとパスタ全体に効かせたい時等。

 微妙なニュアンスだが、食べた時の印象は違ってくる。

 使うにんにくは少々値は張るがやはり国産青森。安いにんにくもあるが、

ここだけはどうしても外せない。

 自家製栽培出来たら、どれだけのコスト削減になるのか・・。

2008年7月20日 (日)

魚の骨

<喉に骨が刺さる。一番ベストな対処法をご存知だろうか>


 ほっけは昔から好物だ。しかし今現在も悩まされている。

昨日の夜の出来事。ほっけは身が厚く食べやすいので油断したか、

チクリ。完全に刺さったようだ。普段は滅多にない。

 当然、定番の対象法、ご飯の丸呑み。1回目失敗。結構深いな。

2回3回失敗・・。4回目失敗。さすがにお腹も一杯だ。

 次にネットで検索。バナナの丸呑み。都合よくあったが、これも失敗。

 次、割り箸の先に脱脂綿を巻き、それを直接患部付近に刺し込み、

グルグルと回す・・。これも失敗。

 他にも指を突っ込み胃の中の物を全部吐き出してその勢いで取る・・。

 結果。自分で対処するのが一番いけないらしい。ご飯の丸呑みなどは、

更に深く刺さるケースもあるという。

 恥ずかしいが素直に病院へ行ったほうがいいらしい。

2008年7月19日 (土)

ピカンテオイル

<ピザなどを注文すると付いてくる辛いオイルがある>

 

 今では当たり前かも知れないが、当店でもピッツァと一緒にタバスコと

一緒にお出ししている。タバスコ派の方もいらっしゃるが、ただ辛味が

欲しいのであれば、自家製のピカンテオイルをおすすめする。

 ピュアオイルを鍋に入れ、惜しげもなく大量の唐辛子を。じっくり

低温で焦がしていく。この香ばしさがポイント。

 ピッツァだけでなく、パスタやお魚料理によく合う。

 更においしさを求めるなら、唐辛子を直接かじる。当りに出会うと

むせる程の辛さだが、これが病みつきになる。賄では一人2,3本食べる。

 ぺペロンチーノ系のパスタにはピッタリだ。 ぜひお試しを。

 

【TAVERNA Quale】 のサービス一覧

【TAVERNA Quale】
  • TEL050-3477-5837