プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは!店長の福地です。クアーレもオープンして9年目に突入しています。!様々なキャラクターがスタッフにはいるので、どんな事でも必ず返信いたします。気軽に口コミお願いします!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

ポストカードプレゼント

<ある方からポストカードが送られてきた>

ブログを始めて3ヶ月。毎日更新とはいかないが、何とか続けている。
最初は、自己満足で書き、写真も撮ったりして楽しい。

が、やはり公開しているだけにアクセス数が気になりだす。
次にコメントが欲しくなる。自分の記事はどう読まれているのか。

そこで最初にコメントを頂いたのが、ポストカードの送り主。
野菜ソムリエの店 イタリア料理 鹿鳴館のCuocoさん

全国アクセス第1位のブログ。まず惹かれるのが、とても綺麗な写真。
野菜のブログだけに、見たことのない野菜が様々紹介されている。

料理の盛り付けなど、色に拘っているだけにとても美しい。
同じイタリア料理なので共感するところもあり、とても勉強させられます。

とても精力的に活動されている方で、調理師学校の講師も勤める。
かなりの忙しさの筈だが、それを感じさせないパワーを持っている。

とにかく一度御観覧あれ。Cuocoさんの世界に惹きこまれますよ。


2008年9月28日 (日)

プッタネスカ

<娼婦風スパゲティという過激なパスタ>

これも今ではメジャーなパスタ。アンチョビ・オリーブ・ケッパーの
入ったトマトソーススパゲティ。

この組み合わせは、とてもナポリ的な味。パスタ以外にもお魚、お肉に合わせてもおいしい。

なぜに娼婦風か調べたところ、
「娼婦は昼食時にも忙しく、海のものも畑のものもごった混ぜにして、パスタにして食べた」
「娼婦が客をもてなすためのパスタ」
「刺激的な味わいが娼婦を思わせるパスタ」
などいろいろな説があるみたいです。

2008年9月26日 (金)

バーニャカウダ (ベジコミュ)

<近くのイタリアンで、バーニャカウダを食べた>

バーニャカウダとは、生野菜をにんにく、アンチョビ、オリーブ油の
熱々のソースに絡めて食べる料理。

当店でも、以前に出していたが、にんじん・胡瓜・セロリ等ありふれた物だ
った。

しかし、これにはビックリした。ランチにもかかわらずかなり気合が感じられる。約15種類。しかも食べた事のない物ばかり。

冬瓜・瓜・何とかピーマン・オクラ・何やら人参・空芯采・水ナス、、。
説明されたが、覚えられませんでした・・。

地元の契約農家から採れたものばかり。生野菜は苦手なほうで、敬遠していたが、一つ一つ噛みしめて食べると、それぞれの旨みが感じられたような気がしました。

野菜の新鮮さには、力強さを感じました。まだまだ勉強ですね。

2008年9月25日 (木)

トマトソース

<トマトソースのポイントは?>


トマトソースは、間違いなくお店の数だけ味の違いがある。

ぺペロンチーノと並んで、お店の味を知るポイントと言われる。

ぺペロンチーノと一緒で、何も具材を入れないトマトスパゲティは

確かに難しい。酸味と甘みと風味のバランスだと思う。

半分はトマトホールで決まるが、後の半分は、工夫次第。

トマトホールだけでも、それなりにおいしいが、私の好みでいくと

甘みがほしいので、玉ねぎとにんじんの炒め具合がポイントになっている

じっくりと1時間かけ炒め、トマトホールと合わせて10分ほどで出来る。

これをベースにたっぷりとにんにくを入れたアラビアータソースが

一番のおすすめです。

2008年9月22日 (月)

年季に入った洗浄機

<一体何回修理したのだろうか>

かなり酷使している厨房器具と言えば、洗浄機だろう。

一体1日何回動いているのか。この10年間1度も変えずに使っている。

7年目辺りから、故障が多くなっている。今では月1ペースで、点検・修理

を行っている。そろそろ潮時とも思うが、業者さん曰く、まだまだ大丈夫

との事。よし、もう10年いってみようか・・。

2008年9月20日 (土)

小海老とヤリイカのフリット

<メニューの中で1,2位を争う難易度の高い一品>

必ず新人スタッフがつまずくメニュー。

やはりシンプルなのは、難しい。粉と水だけの衣で揚げるフリット。

当店では、水の代わりに炭酸水を使い、ふわっとした衣に仕上げる。

粉と炭酸水のバランスがポイント。分量も目分量なので、状態で覚えるしか

ない。しかしバランスが決まると、ふわふわサクサクのとても旨いフリット

ガ出来上がる。

何事も集中力。究極のフリットを作ってくれ!

本日の気まぐれパスタ

<イタリアには、気まぐれ(カプリチョーザ)という言葉がある>

本日のパスタは文字通り、私の気まぐれで作った。

私がきのこの下処理をしている横で、スタッフが洗っていたおいしそうな

アサリ。あっ、今日はこれで行こう。

「あさりときのこぺペロンチーノ」イタリア語でモンテ・エ・マーレ

海の幸と山の幸のパスタ。

アサリの出汁に、きのこの風味が加わり奥深い味になりました。

2008年9月19日 (金)

AOBA+ART(アオバアート)

<お店の2階にアートな絵が飾られた>

9月21日から開催されるイベント。青葉区各地で様々なイベントがある。

当店のある青葉台商店街も参加。各店舗にアーティスト達が、アートなもの

を展示する。当店の担当はとある美大生。まだ学生だが、独自の世界観が

ある。テーマは灯り(ランプ)。まったくアートの眼力はないが、じーっと

見ていると、この学生の世界観は伝わってくる。全部で9点。

熱心に1人で取り付け作業をしていた。アートには、大工仕事が必要だ。

興味のある方は、ぜひご覧に来ていただきたい。


2008年9月15日 (月)

happy bairthday

<今日はスタッフの3回目の誕生日>

アルバイトくんの誕生日。毎年誕生日の日に、バイトに入っている。

3回もお店で誕生日を祝った人は他にはいない。

思えば18歳で初めてのアルバイトで入った頃は、右も左も

分からず、どうしたものかと思っていたが、今ではなくてはならぬ存在。

いろいろあったけど、その素直さが一番いいところ。

その素直さがあれば、就職しても間違いなく大丈夫。がんばって

来年もいるのかな?

2008年9月14日 (日)

連休なか日

<連休2日目、凄まじいオーダーだった>

うれしい悲鳴だが、連休のなか日は忙しい。ランチ並みのラッシュだった。

 今日は多少料理の遅れもあったが、なんとか乗り切った。皆、いい動き

をしていたと思う。またまた女性スタッフの活躍が目立った。

 小柄な女性だが、これがちょこちょこよく動く。ピッツァも伸ばすし

パスタも盛り付ける。呼べばすぐ来る。ほんとに助かりました。

皆さんごくろうさま。

【TAVERNA Quale】 のサービス一覧

【TAVERNA Quale】
  • TEL050-3477-5837