プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは!店長の福地です。クアーレもオープンして9年目に突入しています。!様々なキャラクターがスタッフにはいるので、どんな事でも必ず返信いたします。気軽に口コミお願いします!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

イベリコ豚

<11月も終わり、いよいよクライマックスへ>


やはり、12月は飲食店にとって特別な月。頭の中のイメージは、1月からずうっと、小高い山が続き、12月でどーんと富士山のような山が待ち受けている感じ。

しかし、振り返ってみるとあっという間に上りきってしまうんですけどね。

という事で、スタミナをつけ頑張らねば。こういう時は、豚肉が食べたくなる。以前から業者の方に勧められていたイベリコ豚を購入。試食。

豚はあまりこだわらなかったが、これは旨かった。もちろん厚切りが基本。うわさ通り、脂身が旨い。ジューシーでさらりとしている。これに生トマトソースを合わせさっぱりと。

高価なだけの事はあるが、肝心なのは新鮮さと焼き方かな。

2008年11月27日 (木)

黒にんにく 試食

<ボンゴレビアンコに黒にんにくを入れてみた>


この間購入した「黒にんにく」。青森産にんにくを1年かけて熟成させた物。名前の通り真っ黒で、ねっとり。

さて、どう使おうか。業者の方にお鍋に1つ入れるとてもコクが出ると聞いていたので、アサリの出汁がよく出る「アサリのスパゲティ」に入れてみた。

お味はというと、いつものパスタの味だ。にんにくを食べてしまうとちょっと濃すぎるし、いい感じでコクが出てこない。

やはり初めて使う食材は、なかなかイメージ通りにはいかない。難しい。

まだまだ商品にはなりそうもないな・・。

2008年11月24日 (月)

良い土

<良い土からよい野菜が育つ>


なるほど納得である。野菜が育つには「土」は不可欠。土の中のミネラルを吸って育つ。その土が旨ければ野菜も旨いし、栄養もたっぷリあるはずで、それを食べれば、健康にも良いといいことずくし。

今のご時世、とても便利で助かっている反面、良い食材が入手しづらい。

身近な地元の八百屋さんなどを覗いてみるのもいいと思う。

2008年11月21日 (金)

牛ほほの煮込み

<寒くなると煮込み料理が食べたくなる>

この季節になると、やはり煮込み料理がお目見えする。ここ最近気に入っているのが、牛ほほ肉の煮込み。煮込むほどに柔かく、ねっとりとした肉質が日本人には、たまらなくおいしいく感じる。

しかし牛ほほと言えば煮込み料理が定番だが、ローストにしても美味しい。肉質はちょっと硬めになるが、噛みしめて食べるととても美味しい。これはイタリア人には受けるかも。

日本人は、柔らかジューシーに弱いですからね。

2008年11月20日 (木)

カルボナーラ

<カルボナーラの作り方>
この間の中学校での授業で、リクエストの多かったレシピをご紹介。

1、厚切りのベーコンをよく炒める。

2、焦げる位炒めたら、パスタの茹で汁を少々

3、よく焦げを落としたら生クリームを約180cc入れる

4、茹で上がったパスタを入れ、卵黄半分・パルメザンチーズを加え、泡立つようによ~く混ぜる

5、最後に黒胡椒を振って出来上がり。

ポイントは、ベーコンの炒め具合とパスタとソースをよく混ぜる事。5の写真のように泡が立つ位混ぜると、こってりしたソースも口当たりが軽くなりますよ。

2008年11月18日 (火)

黒にんにく (ベジコミュ)

<業者の方が主催する食品商談展示会に行った来た>

かなりの大掛かりな展示会だったと思う。あまり時間がなかったので、すべては見られなかったが、それでも収穫はあった。

野菜・魚介類・肉類・輸入食材等など様々。まず国産のレモンが格安とのことで即購入。次にイベリコ豚・サラミなど肉類。それに1本¥3300もするEXオリーブオイルを6本も購入。思い切った・・。これは年末のお楽しみに・・。

それとこれはさすがに手が出なかったが、30年物のバルサミコ酢28000円。初めて口にしたが、噂どおりに濃い。かなり濃かった。

最後にこれは初めてみた。青森産の熟成黒にんにく。名の通り真っ黒なにんにく。味はバーニャカウダで食べてみたが、何というか味噌のような感じがした。確かに「熟成」を感じる香りがした。

お鍋に入れるといいコクが出るとおすすめだったが、イタリアンでどう使うか?アクアパッツァに入れたみようか。これも購入。

今回はとてもいい刺激になったと思う。何事にも好奇心が大事。


それにしても、あのバルサミコは後ろ髪ひかれるなあ。

2008年11月15日 (土)

本日の鮮魚

<今日の漁港からのお魚達>

・ニクモチカレイ
・マガレイ
・メイタガレイ
・アカジカレイ
・赤メバル
・小鯛
・水ドンコ
・活アイナメ
・釣アイナメ
・コチ

カレイがこんなに種類があるとは知らなかった。ほぼ形は一緒だが、よくみると確かに違う。名前も姿にちなんで命名されいるようだ。

なんとなく赤みを帯びているのがアカジカレイ。お腹に卵を持っているのがニクモチカレイ。目が寄っていて、痛そうなのがメイタガレイ?

カレイは、フリットがおすすめ。サクッとして骨まで食べれます。
魚は鮮度が命。お早めに!


2008年11月13日 (木)

イタ弁

<定着してきたイタリアン弁当>

特に受け付けてはいないが、あるお客様から定期的お弁当の注文が入る。

これが結構難しい。時間が決まっていて、なるべく出来立てで仕上げたいので、すべての品を同時に仕上げる。ランチ中という事もあり、今まで時間に間に合った事がなかった。

しかし、さすがに人間は学習脳力が高い。今回は、約束の時間1分前に仕上がった。

終わりよければすべてよし!なんだかスカンピが、いつもより美味しそうに見えた。

2008年11月10日 (月)

双子のゆで卵

<多分生まれて初めて>

割ってびっくり。黄身が二つあった。生で割ったときには見たことがあったが、茹でてもきれいに二つ黄身が並んでいたのは初めて見た。

これは珍しいと思い、ネットで調べてみた。

な、なんと卵販売のページで「一つに殻の中に黄身の二つある双子の卵をご希望の方にはご注文をお受けいたします」・・。

一体どうやって見分けるのか、説明はなかった。不思議である・・。

2008年11月 7日 (金)

地魚

<魚が旨い!>

最近、漁港からの直行便で魚を仕入れ始めた。現在は、福島県相馬双葉漁港という福島では有名な漁港から新鮮な魚達がやってくる。

おまかせでお願いしているので、来てからのお楽しみ。

しかし、とびきり新鮮だが、見たことのない魚がやってくる。メバル、キンキ、カレイ、コダイとこの辺りはおなじみだが、サッタロウ、カスベなどは聞いたことのない魚。

新鮮さに物を言わせ、とりあえずフリットで食べてみる。

旨い。

塩、オリーブオイルで十分だ。

やはり食材の新鮮さには、料理人の技術は必要ないのか??

【TAVERNA Quale】 のサービス一覧

【TAVERNA Quale】
  • TEL050-3477-5837